ブドウ畑を眺めながら贅沢なひと時を。ザ ヴィンテージハウス ホテル

ゆっくり流れる時間を贅沢に楽しむ、ドウロ地方の一流ホテルです。

ザ ヴィンテージハウス ホテル -ドウロ(The Vintage House Hotel- Douro)

世界遺産に登録されている「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」の中心地に位置する5つ星ホテル。18世紀に使われていたワイナリーを利用しているため、豪華でありながら品のある落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

フロント・ロビーに入るとブルーを基調にした高級感あるインテリアやワイナリーを彷彿させる大きな樽、ワインセラーなどが目に入ります。ソファーに腰かけると窓からはドウロ川が一望でき、ゆっくりと流れる時間を楽しむ大人な空間が広がっています。

ポルトから電車でアクセスできるピニャオン駅(Pinhão)のすぐ隣、という立地も素晴らしく、ドウロ地方でゆっくり滞在したい方にお勧めです。

お部屋と設備

どこかヴィンテージの雰囲気を残しつつ、高級感あるモダン家具が揃うお部屋は、ブルーと白を基調にしたエレガントでリラックスできる空間です。シングルルーム以外は、キングサイズのベッドを使用しています。

もちろん無料Wifi・TV・エアコンなどしっかり完備されているので快適に過ごすことができます。セーフティボックスも付いています。

バスルームにはシャワーだけではなくバスタブも付いています(シングルルームはシャワーのみのお部屋もあり)。ポルトガルのブルーを基調としたアズレージョで飾られたバスルームは、思わず写真を撮りたくなる可愛さです。アメニティは石鹸・シャワージェル・シャンプーが用意されています。バスローブ・ヘアドライヤーもあります。

ほとんどのお部屋には、ドウロ川のパノラマ風景を一望するバルコニーが付いており、旅の疲れを癒すスポットとしてぴったり。ちょっとしたおつまみやワインを買ってきて、ゆっくりバルコニータイムを楽しむのもいいですね。

※中にはバルコニーが付いていないお部屋もあるので、ご希望の場合は予約する際に確認することをお勧めします。

一階のお部屋からは、バルコニーからそのままホテルのお庭やプールまで行けるのでホテル内散策も気軽に楽しめます。窓はちゃんと施錠できるので、バルコニーから散策に出かける際も安心です。

天気の良い日は、ドウロ渓谷を一望しながらプールサイドでリラックス。自然の中での贅沢時間を肌でも感じられます。時間が許す限り、あなただけのリッチなひと時を楽しみましょう。

朝食

ホテル選びの際に気になるのが、朝食。ホリデーらしく、いつもと違う朝食が用意されていると気分も上がりますよね。ヴィンテージハウスホテルでは、ビュッフェ式の朝食を素晴らしい景色の中でいただけます。

温かい卵料理やベーコン・ソーセージから、種類豊富なチーズやハムが揃い、ポルトガルの美味しいパンもずらり。シリアルやジャム、色鮮やかに盛り付けられたフルーツも用意されています。

天気が良ければぜひテラス席でいただくことをお勧めします。世界遺産のブドウ畑を眺めながら、爽やかな一日の始まりに、心豊かな気持ちになること間違いなしです。

スタッフ・サービス

フロントのスタッフは若い人が多い印象ですが、しっかりと指導されているためか皆さんとても親切で丁寧に案内してくれます。日本語対応はありませんが、英語は問題なく通じます。

駐車場も無料なので、レンタカーを利用してワイナリーを周りたい方にもおすすめです。

チェックイン:16時から チェックアウト:12時まで ※チェックイン前・チェックアウト後の荷物預かりOK

フロントデスク:24時間対応

住所・アクセス方法

住所:R. António Manuel Saraiva 4, 5085-034 Pinhão
ポルトからのアクセス:電車ドウロ線・Pinhão駅下車 徒歩2分 
※ポルトからクルーズ船でも行けます。(ポルトを朝出発・ピニャオンに夕方到着)
公式サイト:ザ ヴィンテージハウス ホテル -ドウロ

まとめ

ポルトガルの世界遺産「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」内にある5つ星ホテル、ザ ヴィンテージハウス ホテル。いつかは泊まってみたい、また1度行くともう一度泊まりたくなる、そんな素敵なホテルです。特にワインがお好きな方にはワイナリー巡りの拠点として利用されると、忘れられないひと時を過ごすことができるでしょう。

関連記事

  1. 5日-6日間でも満喫!ポルトガル旅行モデルコース

  2. かわいいの宝庫!ポルトガルのお土産15選 

  3. ここにポルトガル始まる!世界遺産のギマランイス歴史地区

  4. 太古の自然が残る!マデイラ島の照葉樹林ラウリシルヴァ

  5. ポルトガル人と国際結婚!民事婚、当日はどんなことをするの?

  6. ハリポタファンも必見!“世界一美しい本屋”のレロ書店

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。