ポルトガルは石鹸大国!おしゃれでお土産にもオススメのブランド7選

ポルトガルの名産品といえば、ワインやコルク、そして石鹸。ピンと来ないかもしれませんが、実はポルトガルの石鹸は今や世界的にも注目を集める一大アイテムなのです。見た目にもおしゃれでかわいい、そしてこだわりの素材と製法でつくられたポルトガル製の石鹸をご紹介します!

ポルトガルの石鹸に注目!

ポルトガル製のもので有名なものと聞いて、ぱっと思い浮かぶのはワイン、コルク、陶器、オリーブ、缶詰め…と、こんなところでしょうか。でも実は、ポルトガルは数多くの石鹸メーカーがある石鹸大国!創業100年を超える歴史あるメーカーから、近年になって生まれた新進気鋭の石鹸メーカーまで、さまざまな特徴と個性をもつブランドが存在しています。

そんなポルトガルの石鹸は、ここ数年で海外からも熱い視線を注がれています。その人気の秘密は、
・ひとつひとつ、人の手で丁寧につくられたハンドメイド商品であること
・環境に優しいサステナブルな商品であること
・ポルトガルの豊かな大地で育てられた自然由来の素材を使った商品であること

などが挙げられるでしょう。

機械化による大量生産ではなく、原材料から包装まで、人の手で丁寧につくられた石鹼はポルトガルが誇る製品。ポルトガルの自然豊かな大地を思わせる生き生きとした香り、思わず「おいしそう!」と思ってしまうような甘い香りなど、きっとあなたの心をつかむ香りに出会えるはずです。

また、一目見て惹かれるおしゃれなパッケージも見逃せないポイントです。箱や包み紙から取り出すのがもったいない、と思ってしまうはず。そんな時は、しばらくお部屋に置いてルームフレグランスとして楽しむのもおすすめです。置いておくだけでもかわいい石鹸は、インテリアのアクセントにもなります。もちろん、お風呂で使うとポルトガルから届いた香りに包まれてバスタイムがいつもとはちょっと違った贅沢タイムに。一石二鳥のアイテムですね。

ポルトガル石鹸はお土産にもぴったり

ポルトガルの石鹸は、お土産屋・スーパー・デパートなど、ポルトガルの至るところで売られています。気品のあるゴージャスなパッケージから、素朴ながらセンスの良さが光るデザインの石鹸まで種類もさまざま。また、香りの種類や原材料の特徴など、選び出すと止まらなくなるくらいのバリエーションです。

スーパーでは1€台からと、リーズナブルな石鹸も多く売られています。重すぎず、大きすぎず、実用的、飾っても可愛い、いい香り…お土産にもってこいですよね。
※ポルトガルのおすすめのお土産についてもっと詳しく!→「かわいいの宝庫!ポルトガルのお土産15選

注目のポルトガルの石鹸ブランド

ここからは、数あるポルトガルの石鹸ブランドの中から厳選した7つをご紹介します。既に日本でも購入できるブランドもご紹介するので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

CLAUS PORTO(クラウス・ポルト)

1887年、ポルトに住む2人のドイツ人により設立されたクラウス・ポルトは、ポルトガルに初めてできた石鹸工場を始まりとしています。130年以上の伝統がある石鹸ブランドが一躍注目を集めるきっかけとなったのが、アメリカの有名司会者オプラ・ウィンフリーがテレビ番組でクラウス・ポルトを愛用していると紹介したことでした。今ではクラウス・ポルトの製品は世界60カ国以上で販売されており、ちょっと贅沢で特別なラグジュアリーアイテムとして数々のセレブにも愛されています。

ポルトガル国内のクラウス・ポルトの店舗は、発祥の地であるポルトにフラッグシップ店が、そしてリスボンに2店舗があります。ポルトの本店は市中心部のフローレンス通り沿いにあり、観光途中に寄るのにも便利なロケーションですよ。2階にはブランドにまつわる展示スペースもあります。

まるで高級ブティックのような洗練された雰囲気の店内に、宝石のようにきれいに並べられる石鹸の数々。眺めているだけもラグジュアリーな気分になってしまいますよ。150g通常サイズとひとまわり小さい50gサイズもあるので、プチ贅沢気分を手軽に味わえるのも嬉しいポイント。ヴィンテージ風のおしゃれなラベルには、創業当時の雰囲気がそのまま残されています。

店内には石鹸のほか、コロンやキャンドル、ハンドクリームなどもあります。どれも少しお値段は張りますが、ポルトガルの風景や香りにインスピレーションを受けた洗練アイテムの数々に魅了されてしまうことでしょう。

CLAUS PORTO(クラウス・ポルト)店舗情報
ポルト店(旗艦店)

Rua das Flores, 22
4050-262 Porto, Portugal
リスボン店
Rua da Misericórdia, 135
1200-272 Lisboa
リスボン マダレナ店
Rua dos Bacalhoeiros n.º36
1100-071 Lisboa

クラウス・ポルトは日本でも購入できます。国内直営店の新宿ルミネ1店舗のほか、日本各地のインテリア雑貨ショップなどでも取り扱いがあります。また、以下の公式サイトやECサイトからオンラインで購入することもできます。誕生日祝いや季節の贈り物など、ちょっと珍しくておしゃれなギフトをお探しの方におすすめですよ。
リンク:クラウス・ポルト日本公式HP

こちらではECサイトで購入できるクラウス・ポルトの商品をいくつかご紹介します。

CLAUS PORTO「バーニョ シトロン・バーベナ150g」
シトラス系のフレッシュな香りに、深みのあるムスクの香りをプラス。パッケージにはポルトガルのアズレージョ(タイル)が表現されています。

(クラウス・ポルト)CLAUS PORTO シアバターソープ150g“DECO SOAP BAR” one Banho(col.001) deco-soap-150g-one-001

CLAUS PORTO「クラシコ ダブル アーモンドミルク150g」
アーモンドやバニラなどの、甘いフレグランス。レトロな雰囲気のパッケージには、アズレージョやポルトガルの歴史的建造物が描かれています。

(クラウス・ポルト)CLAUS PORTO ブレンドオイルソープ150g“CLASSICO SOAP BAR” one DAlmondMilk(col.102-005) classico-soap-150g-one-102-005

CLAUS PORTO「ギフトボックス デコ ミニソープス 50g×9個入」
デココレクションの個性的な9種類の石鹸(ヴォガ・アルファス・ファヴォリト・エリート・バーニョ・イリリア・シプレー・デコ・セリーナ)のギフトボックスです。

CLAUS PORTO 石鹸 ギフトボックス DECO ミニソープ 50g 9個セット [20101/BXMS903]

Essências de Portugal(エッセンシアス・デ・ポルトガル)

エッセンシアス・デ・ポルトガルは、2016年に誕生した若いブランドです。ポルトガルのエッセンスを大切にしてつくられる石鹸には、植物から抽出したエッセンシャルオイルがたっぷり配合されています。敏感肌にもやさしいオーガニック製品であることもポイント。

エッセンシアス・デ・ポルトガルの商品で特徴的なのは、紙で包まれたシンプルな固形石鹸のほか、コルク製の容器に入ったものやマッサージバーの形状をした石鹸など、バリエーション豊富な点です。特にコルク製の容器に入っている石鹸は、見た目にもとても可愛らしくて、小物入れとしてもずっと使えるのでおすすめ。ギフトセットも充実しています。

こちらのブランドは歴史の浅いブランドですが、実は既に日本へも進出済み。最近は、都内の一部メトロの車両で広告も展開されていたり、雑誌で特集されたりするなど露出も増えてきている模様です。これから注目を集めること間違いなしのニューブランドとして、おしゃれさんは要チェックですね。
リンク:エッセンシアス・デ・ポルトガル日本公式HP

ECサイトでもエッセンシアス・デ・ポルトガルの商品は購入できます。

ESSENCIAS DE PORTUGAL「コルク ジュエルキーパー ホワイトジャスミン」
ポルトガルの名産品のコルクの容器に、オーガニックの固形石鹸が2個入っています。

エッセンシアスデポルトガル コルク ジュエルキーパー 50g × 2個入 (WHITE JASMINE ホワイトジャスミン) オーガニック固形せっけん

ESSENCIAS DE PORTUGAL「ラウンドソープ レッドフルーツ」
ポルトガルのエッセンスが詰まった全8種のアロマソープ(ユーカリ・ジンジャー・ラベンダー・レモン・オレンジ・バイオレット・ホワイトジャスミン・レッドフルーツ)。

エッセンシアスデポルトガル ラウンドソープ 50g (RED FRUITS レッドフルーツ) オーガニック固形せっけん

ESSENCIAS DE PORTUGAL「ボディーマッサージソープ ユーカリ」
石鹸のでこぼこで、全身や顔をマッサージ。香りと共に、マッサージによるリラクゼーション効果も得られます。

エッセンシアスデポルトガル ボディ マッサージソープ 94g (EUCALYPTUS ユーカリ) オーガニック固形せっけん

CASTELBEL(カステルベル)・PORTUS CALE(ポルトゥス・カーレ)

クラウス・ポルト同様、カステルベルもポルト生まれのブランドです。1999年、ポルト大学の教授が、わずか6名の従業員と共に石鹸作りをスタートし、今では国を代表する石鹸メーカーになりました。「カステルベル」という名は、工場のある地名のCasteo da maia(カステロ・ダ・マイア)とポルトガル語で「美」を意味するBeleza(ベレーザ)を由来としています。

ポルトガルの田園風景にインスパイアを受けてつくられる商品は、石鹸からハンドクリーム・キャンドル・ディフューザー・サシェなど香りにまつわるグッズが幅広く展開されています。どのアイテムもポルトガルの香り、色彩、雰囲気が感じられるとともに、気品の感じられるデザインなのが特徴。

また、別ラインのプレミアムブランドであるポルトゥス・カーレも同様に石鹸を始めとするさまざまな商品がバリエーション豊富に展開されています。ポルトガルらしさを感じるグッズをお探しの方におすすめなのが、ポルトの町を彩る美しいアズレージョタイルが描かれたセラミック陶器を使用したGold & Blueラインです。

ココナッツ・イチジク&洋ナシ・ジャスミン・オレンジ・ザクロ・ラベンダー・ローズ・バーベナなどさまざまな香りがあるほか、緑茶の香りで「こんにちは東京」と書かれた世界中のご当地パッケージ「Hello Cities」シリーズ香りの石鹸やイワシ型の石鹸など、遊び心もあるのが心憎いポイントです。

実店舗はポルトに2店舗、リスボンのベレン地区に1店舗あります。

ポルト(Castelbel no Palácio das Artes)
R. de Ferreira Borges s/n, 4050-018 Porto
ポルト(ショッピングモール「Shopping Cidade do Porto」内)
Shopping Cidade do Porto,
Praça do Bom Sucesso 61 Piso 0 / Loja 137, 4150-365 Porto
リスボン・ベレン(Castelbel no CCB)
Centro Cultural de Belém, R. Bartolomeu Dias Loja nº7,
1449-003 Lisboa
リンク:カステルベル公式HP(英語)

ポルトゥス・カーレの商品のいくつかは、以下のサイトからも購入可能です。

PORTUS CALE「アロマティックソープ バタフライ」
フレッシュなシトラスの香り。パッケージには、大空に飛び交う蝶々が描かれています。

Portus Cale アロマティックソープ バタフライ

PORTUS CALE「アロマティックソープ ハミングバード 3個セット」
フィグ・レッドカラント・ナシ・マグノリア・ココナッツなどが合わさった、南国の庭園を思わせる香り。

Portus Cale アロマティックソープ ハミングバード 3個セット

まだまだある特徴的なポルトガルの石鹸

ポルトガルの石鹸ブランドは、ここでは書ききれないほど、まだまだたくさんあります。リスボンで買える、とっておきの石鹸をお探しの方は、Benamôr(ベナモール)が一押し。リスボンにあるフラッグシップ店は、白を基調とした清潔感ある店内に、石鹸のほか、エレガントなデザインのアイテムがお洒落に並べられています。ジャカランダやナタなど、ポルトガルならではの香りがラインナップされているのも魅力です。
リンク:ベナモール公式HP(英語)

また、お土産屋やスーパー、デパートなどさまざまなお店で買える石鹸で目にする機会が多いのがAch Brito(アク・ブリト)。最初にご紹介したクラウス・ポルトも、この「アク・ブリト」グループに属するブランドのひとつですが、クラウス・ポルトと異なるのが1€台から買えるというお手頃価格。レトロな雰囲気のパッケージはお土産映えも抜群です。
リンク:アク・ブリト公式HP(ポルトガル語)

最後に、少し変わった原材料を用いた石鹼ブランドをふたつご紹介します。

ひとつめが、TOMELO(トメロ)。ポルトガル北東部トラス・オス・モンテス地方にある町ミランダ・ド・ドウロを拠点に、地域の自然の保護と生態系の維持を理念として石鹸づくりを行なっています。そんなトメロの石鹸には、ミランダ地方の絶滅危惧種でもあるロバからとれる希少なミルクが使われています。あのクレオパトラも愛用したとも言われるロバのミルクには、美容面にも嬉しい効果がたくさん。素朴なロバのイラストが描かれた愛らしいパッケージもポルトガルらしさ満点です。
リンク:トメロ公式HP(英語)

また、ポルトにあるクラフトビール醸造所Sovina(ソヴィナ)では、なんと石鹸づくりも行われています。原材料にはもちろん、醸造所内でつくられたビールを使用。実はビールには抗菌、抗酸化作用があり、肌のケアにも適していると言われています。香りはミントとはちみつの2種類あります。ビール好きのご家族やお友達には迷わず贈りたいですね。
リンク:ソヴィナ公式HP(ポルトガル語)

まとめ

インテリアとして、またはバスタイムのお供として、飾っても使っても幸せな気持ちになれるポルトガルの石鹸。ポルトガルに行ったらゲットしたい、お土産候補のひとつになったでしょうか?ここ数年で、日本にいながら買えるアイテムも増えてきました。ポルトガルの石鹸のある生活で、ちょっと贅沢な気分に浸ってみるのもよいですね。

関連記事

  1. 知っている人は知っている、ポルトガルシューズが熱い理由

  2. ポルトガル皿

    きっとあなたも欲しくなる。今注目のポルトガル食器ブランド5選

  3. 5日-6日間でも満喫!ポルトガル旅行モデルコース

  4. 6月はイワシ祭りを楽しもう!サント・アントニオ祭 -リスボン-

  5. ワイン好きのあなたに!ポルトガルワインを味わうための基礎知識

  6. ポルトガルで必ず食べたい!おすすめポルトガル料理8選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。